糸島

糸島のカフェ紹介「sumi cafe」

管理人
・糸島のカフェ「sumi cafe」ってどんなお店?

この記事は、そんな悩みを解決します。

糸島エリアの山中にひっそりと佇む古民家を改装して建てられたのが、sumi cafe築120年を超える屋敷にあった馬小屋をリフォームし、2020年4月にリニューアルオープンしました。

糸島の名産塩「またいちの塩」を作る会社が経営しており、自然に囲まれながらゆったりとした時間を過ごせる糸島のsumi cafeを紹介します。

糸島のカフェ「sumi cafe」の紹介

糸島カフェsumi cafe②

糸島のカフェ「sumi cafe」の基本情報を紹介します。

木造の上品な屋敷風カフェ

糸島の田園地帯を進むと見えてくる、大きな木造の建物。元々、糸島の農家さんが住んでいた広いお屋敷を買い取ってカフェなどのスペースにリノベーションしているのが、sumi cafeです。古き良き時代の名残を残しながらも、おしゃれで可愛らしい風貌に姿を変えています。

sumi cafeの敷地内には「ごはんやイタル」というレストランと、「季節屋」というまたいちの塩を販売しているお店もあります。駐車場も完備しているので、訪れる方への配慮もバッチリです。

自然と一帯になれる様な店内の雰囲気

石造りの上品な入り口を抜けると、木製の雰囲気ある看板がお客さんを迎えています。店内には、カウンター席テーブル席・そしてテラス席があり、どこに居ても周りの自然の心地良さを感じる事が出来る、吹き抜けの良い空間作りがされています。鮮やかな緑が太陽に照らされて映えるその非日常空間は、疲れた心を際限なく癒してくれます。

2階には、陶器や雑貨のギャラリーがあり、食事終わりにお気に入りの品を買って帰る事も出来ます。

糸島のカフェ「sumi cafe」のおすすめ料理

糸島カフェsumi cafe③

糸島のカフェ「sumi cafe」のおすすめ料理を紹介します。

花塩プリン

前述の「またいちの塩」の中でも更に希少な「潮の粒」という塩の結晶を使用した、絶品プリンは欠かせません。トロトロでとてもなめらかでありながらも、焼き上げた表面からは塩の旨味が存分に出ており、甘さと上手く調和されています。sumi cafeでしか食べられない一品なので、ぜひ一口食べてみる事をおすすめします。

糸島のカフェ「sumi cafe」の詳細

糸島カフェsumi cafe①

〒819-1151
福岡県糸島市本1454
TEL:092-330-8732
営業時間:10:00 ~ 17:00(ラストオーダー 16:30)
定休日:木曜・金曜

※画像は、公式HPより

※席の予約は受けておらず、来店順のご案内

  • この記事を書いた人

姪浜応援隊

福岡の西エリア(姪浜・糸島)の魅力を伝える為のブログです。

-糸島
-, ,

© 2020 ウエストサイドフクオカ Powered by AFFINGER5